リード管理を試してみよう!

リード管理の重要性とは?

マーケティングオートメーションというと集客を自動化する仕組みをイメージする方が多いですが、単にユーザーを集めるだけではなく、購買意欲を抱かせる方向へと育てることも、売上の実現のためには大切な要素となっていきます。リード管理を進めるためには、自社が扱う商材やサービスに対して、顧客がどのような反応を起こしているかを意識しておくことが必要です。時系列に応じてユーザーの反響をとらえておくことを心がけましょう。リード管理を行う場合には、営業部門との連携を進めておくことも大切です。ステップ形式にユーザーに購買意欲を喚起させていったとしても、クロージングを行う営業部門との連携が取れていなくては、商機を逃してしまうからです。

顧客管理システムとの連携を!

リード管理を進めるにあたっては、顧客管理システムと連携することが大切になります。ユーザーからの問い合わせや、反響の内容を時系列で閲覧できる仕組みが構築されていなくては、タイミングよく営業部隊がクロージングに乗り出すことができないからです。売上の改善のために、自動的に見込み客を確保することを考え、自社へマーケティングオートメーションを導入していっても、購買に結びつかなくては意味がありません。WebサイトやSNSを活用して集めた顧客に対して、適切なアプローチを継続的に行い、成約に結びつくタイミングを見極めるためには、顧客管理システムとの情報共有が大切になるのです。マーケティングオートメーションの導入の際には、全社的な営業プロセスの見直しが必要になっていくでしょう。

Copyright © . Sales Process Automation. All Rights Reserved